【奈良県警】特殊詐欺の音声を動画投稿サイトに公開!室長「実際の手口を知ってほ防犯につなげてほしい」

奈良県警は未だ高止まり傾向にある特殊詐欺被害を防止するべく、ユニークな対策を講じた。

同県葛城市内に住む70代の男性宅に特殊詐欺犯から電話があり、そのやり取りを動画投稿サイト「youtube」にて公開。

犯罪防止対策室長の中谷満志氏は「詐欺の手口を知っていてほしい」と話しており、防犯につなげてほしいと続けた。

 

スポンサーリンク



大胆な対策!特殊詐欺音声を公開。被害を未然に防いだ

 

参照:産経新聞

 

奈良県警が、同県葛城市内の70代男性宅の電話にかかってきた特殊詐欺犯とみられる人物の実際の音声を動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。詐欺犯は自分を警察官だと偽り、男性に架空の事件について説明し、キャッシュカードをだましとろうとしていた。音声は男性の固定電話に録音されていたもので、生々しいやりとりが残されていた。県警は注意を呼びかけている。

電話があったのは4月20日。女の声で「高田署生活安全課の中村です」と嘘を言い、実際の銀行名をあげ、「銀行の職員だった男2人を逮捕した。2人は銀行のATM(現金自動預払機)でお客さんのキャッシュカードを使って勝手にお金を引き出していた」と説明。犯人が持っていたキャッシュカードの中に男性のカードがあったと話し、男性からカードの情報を聞き出し、だましとろうとしていた。

だが、信じた男性があわててカードを探すため電話口をしばらく離れると、電話は切れた。

県警生活安全企画課によると、こうした電話の場合、その後「カードを取り替える必要がある」「近くに警察官がいるので確認に行く」などと言われ、自宅に警察官を装った人物が来訪。キャッシュカードをすり替えられていた可能性があるという。

県警は女について20代ぐらいの声と分析。同じ日に同市内では、男や女の声で警察官をかたる同様の電話が相次いでおり、同一の詐欺グループの可能性があるとみている。

参照:産経新聞

 

被害は間一髪のところで、防げたみたいですので本当に良かったと思います。

昨今は新型感染症対策に関する給付金詐欺なども横行しているので、各都道府県の県警が詐欺の手口などを随時公開して貰えれば、特殊詐欺の被害を縮小させることも可能かもしれませんね。

 

スポンサーリンク



実際の詐欺の手口を公開!

 

今回、報道にあった事件は被害が出る事なく、事なきを得たようですが、もし実際に電話がかかってきたら動揺してしまいますよね。

実際に奈良県警が公開した音声を入手できましたので、共有させていただきます。

かなり生々しいものとなっておりますので、ご視聴は自己責任でお願いいたします。

動画を視聴してみると、警官と名乗る女性の口調はとても物腰やわらかく、親身になった対応している感じがあります。

しかし、勘違いしそうですがコレは紛れもない犯罪です!

いくら優しく接してきたとしても、本性は他人の弱みにつけ込み私欲を肥やす悪質な人間たちですから信用してはいけません

そもそも警察がキャッシュカードの情報を聞き出す様なことは絶対にありません

もし電話がかかってきたら、一度冷静になって家族または警察に相談しましょう。

 

世間の反響

 

年寄りがYouTube見るかね?

 

無能奈良県警大和高田署生活安全課

 

 

スポンサーリンク



 

まとめ

 

①奈良県警がYouTubeにて特殊詐欺の手口を公開

②今回は被害が出る前に防ぐことができたが、今後の防犯につなげてほしいとコメントした

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました