沢田千恵美が岐阜市琴塚1丁目で中学生をはねた詳しい場所は?

社会

本日午後2時ごろに、岐阜県岐阜市琴塚の路上にて下校途中の中学生の列に

軽自動車が突っ込むという事故が起こりました。

車を運転していたのは60歳の女性とのことです。

事故があった詳細な場所や加害女性について見ていきます。

 




下校途中に起こった悲劇⁉岐阜市琴塚の交通事故

7日の午後2時頃、岐阜県岐阜市琴塚の路上で帰宅途中だった中学生4人の列に

60歳の女性が運転する軽ワンゴン車が突っ込み中学生4人が病院へ搬送されました

被害にあった中学生は全員中学3年生で、3人が自転車で1人が徒歩だったといいます。

消防によると4人とも命に別状はなく、搬送の際意識はあり軽症だということです。

警察は事故が起きた経緯などを含め詳しい捜査を行っているといいます。

 

事故が起こった詳しい場所はどこなの?

事故現場の映像から詳しい場所が特定できました。

事故があったのは岐阜県岐阜市琴塚1丁目の住宅街とのことです。

出典:CBCnews


現場付近の駐車場に止まっているオレンジの車と周辺の住宅の様子から

この場所で間違いなさそうですね。

現場検証の映像を確認すると、事故を起こした60歳の女性は

どうやら北方面から車を運転し下校中の中学生たちに接触したと思われます。

 

追記女性は北方面へ向かっていたところ、前方にいた中学生の集団に接触したとのことです。

 




 

事故を起こした60歳女性のプロフィール

氏名:沢田千恵美

職業:無職

年齢:60歳

住所:岐阜市琴塚付近

罪状:自動車運転処罰法違反(過失傷害)

 

今現在の情報では年齢までしかわかっていませんが

今後の捜査で詳しいことがわかってくると思われます。

ちなみに女性が乗っていたのは黒の軽ワンゴン車だということは判明しています。

 

追記容疑者の氏名や詳しい情報が公開されましたので更新いたしました。

出典:CBCnews

 

この事故を受けてネット界隈では...

朝や夕方の時間帯に通学中の子供を見かけたら、特に気を引き締めて運転しています。 小学生でもいますが、中学生の男の子でも、車道と歩道を分けている段差のコンクリートを平均台のようにして歩いてる子を多々見かけます。 1列に並んで通学、ということもありませんし。 必ず友達と並列で歩いています。 たぶん学校でいくら「1列で!」と呼び掛けても無理でしょう。 だからこそ大人が充分すぎるほど気を付けてあげないとだめだろうな、と思います。

まずは、自動車の安全機能をオプションではなく標準にしないといけないと思う。 あと、今はGPSの精度も良いので「ゾーン30」地域や通学路ではそれ速度が出ないような制御もできると思う。 自分の住む住宅街の中でも通常の幹線道路並みのスピードを出したり、一時停止を無視する車も多く危険と感じることが多々ある。 自動車メーカーには走行性能の向上以上に安全性を高める技術や制御を向上させて欲しい願う。

地方では車がないと生活が出来ないといわれますが、高齢になればいずれハンドルを握る握力が無くなりペダルを踏む脚力が無くなりますがその直後にすぐ病気や老衰で亡くなるわけではないのに、本当に車の運転が出来なくなった時にどう生活していくか考えたことは無いのでしょか? 本来であればまだ車の運転が出来るうちに車に頼らない生活を始める準備をしていかないといけないのでは。

自転車や歩行者の動きが危ないこともあるけれど、その場合でも列に突っ込むのは通常ではありえないと思う 自動車免許のあり方を変えた方がいい。技能をみるのはもちろんだけど、オートマ限定があるようにブレーキ制御システム搭載車限定などがあってもいい

結局、個人によるかと。 若い人だって煽りやスピード超過など公道を運転できるレベルにいない人がいますし、高齢者といわれる年齢でも丁寧かつ安全に運転している人もいます。 なので、結局のところ、車の性能を上げるしかないと思いました。 新しい車では自動でブレーキがかかる車が普通になってきていますが、古いものや安価なものにはついていません。無理を承知していますが、すべての車に自動ブレーキの性能がつくことが、事故を減らすことができると思います。

もうこれからは免許更新の際に、次回までに60歳を迎える人には実技試験を課してもいいですね。クリアした人はそのまま運転okにしてもいいけど、普通の人でも3回は受けないと合格しない位合格基準を高くしていいと思いますね。それくらい運転には注意をはらってもらいたいのです。 タクシーに乗る時もできるだけ若い運転手を選んで乗るようにしています。

 




 

まとめ

岐阜市琴塚で起きた事故についてお伝えしてきました。

幸い死者が出なかったことが不幸中の幸いです。

高齢者のみならず若者も車・自転車などの運転は自分を過信することなく

「かもしれない運転」を心がけ事故防止に努めていかなくてはいけないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました