中島翔平の顔画像を特定か⁉家族構成なども調査⁉

社会

29日、大阪府城東区の民家に侵入し住民の下着を盗んだ後

民家に放火を行ったとして、近所に住む無職の中島翔平容疑者(28)が逮捕されました。

警察の取り調べに対し中島容疑者は一部容疑を否認しているといいます。

なかじま容疑者に顔画像や家族構成について気になりましたので、調べてみました。

 




城東区で起きた窃盗・放火事件について

 

12月27日に大阪市城東区で起きた住宅火災で、住宅に火をつけ、住人の女性(30代)らを殺害しようとしたとして、近くに住む無職の男(28)が逮捕されました。

放火と殺人未遂などの疑いで逮捕されたのは、大阪市城東区の無職・中島翔平容疑者(28)です。警察によりますと、中島容疑者は、27日、大阪市城東区東中浜の住宅に火をつけて全焼させ、住人の女性(30代)らを殺害しようとした疑いです。また、25日、女性の住宅に侵入し、下着14点(計5500円相当)を盗んだ疑いももたれています。

現場の住宅は2戸1棟で、隣の3戸1棟の住宅にも延焼したということですが、住人らは避難したため、けが人はいませんでした。

警察が、付近の防犯カメラの映像を調べたところ、25日と27日に、特徴のよく似た男が自転車で付近を徘徊する様子が捉えられていました。警察が自転車の特徴などから中島容疑者を特定して任意で事情を聴いたところ犯行を認めたため、逮捕したということです。

中島容疑者は、調べに対し、放火と下着の窃盗については認める一方、「相手を殺してやろうとまでは考えていませんでした」などと容疑を一部否認していて、警察は動機を追及する方針です。

出典:YTV

29日に放火と殺人未遂容疑で逮捕されたのは、大阪府城東区中浜のすむ

無職・中島しょうへい容疑者(28)です。

中島容疑者は25日に同区中浜の36歳の女性が住む自宅トイレの窓を割り

建物内へ入っていき、下着14点(計5500円相当)を盗んだといいます。

その2日後の27日午前4時40分〜午前5時10分の間に女性宅の玄関前に置かれていた

タイヤに火をつけ木造2階建ての民家を全焼させたといいます。

火災当時、家には女性と10代の子供が寝ていたが、全員避難し命に別状はないとのことです。

警察の取り調べに対し、中島容疑者は

「下着を盗んだことは間違いないが、放火して殺してやろうとは考えていなかった」

と一部容疑を否認しているといいます。

就寝中の家族の家に火をつけ全焼させてる時点で、並々ならぬ殺意があるとしか

考えられないのですが、容疑者は何らかの疾患を抱えていたのでしょうか?

現在も捜査が続いており、詳しい情報が欠けているため続報を待ちたいと思います。

 

なかじま容疑者が放火した現場はどこか?

報道によると、放火があった現場は大阪府大阪市城東区中浜と報じられています。

この辺りは住宅が多く隣の家との距離も近いことから、燃え広がりやすく

被害が拡大してしまうのではないか、心配されていました。

今回の放火でなかじま容疑者が盗みに入った家のほかに、隣家も焼けてしまいましたが

幸いにも住人は全員避難しけが人は出ていないといいます。

それを聞いて内心ほっとしております。

 




 

なかじま容疑者の顔画像とプロフィール

なかじま容疑者の顔画像を探してみましたが、いまだ報道各社も報じておらず

特定できる顔画像は確認できませんでした。

今後の続報を待って更新していきます。

次に、なかじま容疑者のプロフィールをまとめましたので参考程度にどうぞ。

名前:中島翔平

年齢:28歳

職業:無職

住所:大阪市城東区中浜

罪状:殺人未遂・現住建造物等放火(死刑または無期もしくは5年以上の懲役)

28歳で無職とありますが、28歳ならバリバリ現役で働いている年齢ですが

一体どんな訳があって無職なのか気になります。

 

なかじま容疑者に家族はいるのか?

なかじま容疑者に家族は居るのかということですが

実際には、どこかに居を構えて生活はされているでしょう。

ですが現段階では、家族構成については一切報じられていません

おそらく、なかじま容疑者は一人暮らしをしているのかもしれませんね。

ですが、無職で一人暮らしとなると収入はどうなるのでしょうか?

親からの仕送り、または生活保護をうけて生活しているのでしょうか。

なかじま容疑者がどの様に生活していたのかが気になるところです。

 

事件の報道を受けてネット上では...

 

また無職の男性か、と思ってしまいました。
社会の中で適度にコミュニケーションも取れず、攻撃的になってしまったのでしょうか。

好意があったのが敵意があったのか分かりませんが、殺意があった事は間違い無いでしょう。
一歩間違えれば、亡くなっていたかもしれない。
前から兆候があったのだとしたら、取り締まったり、逮捕できる様、法の改正が進まないと、また犠牲者が増えます。

 

警察内で大きな事件はポイント高くて小さな事件はポイントにならないから対応しないという話を聞いた事があります。
小さな事件は見逃して殺人事件になるまで育ててるんじゃないか、必ず再犯するだろう人を早く娑婆に戻してこんな大事件を捜査しているどうだ凄いだろうって自慢するための仕組みがあるんじゃないかって思ってしまう。
被害者が無事で本当に良かったですが、全て失って心の傷はとても深いと思います。
余りに一方的で理不尽な許し難い犯罪です。

近所の人は「やったのは絶対あいつだ」って言ってたらしいですね。近所の人達がわかっていたのに、やはり警察の初動の遅さは考えものですね。運良く人が亡くならなかったから良かったものの、万が一怪我や死人が出てたら警察の責任問題にもなっていた案件ですね。

人が住んでいる部屋の前で火を付けたら、中の人がどうなるかくらい分かる筈。分かっていて火を付けたなら、殺意の有る無し関係無く殺人未遂なのでは。捕まった後で殺意を否定しようが、単なる保身の為の言い逃れにしか聞こえない。被害者が無事であったのは運が良かっただけで、やった行為の残忍さや悪辣さが軽減される訳では無い。

下着物色して、放火して。。。呆れてしまう。
こういう方は量刑を掛け算で計算して懲役にして欲しい。
性犯罪とかストーカーとかの犯罪はしっかり氏名を公表してICチップでも入れて管理するのがいいんじゃないのか。
犯罪がエスカレートして重犯罪になるケースが多いように思う。




 

まとめ

今回は大阪市城東区の窃盗・放火事件についてお伝えしました。

コメントでもあった様に、家の中に人が居るのにそこに火をつけたどうなるかは

いい大人がわからないはずがない。

もしかすると、なかじま容疑者は他にもトラブルを起こしている可能性がありますので

余罪を追求して頂きたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました