粟井文哉の会社を特定⁉加古川バイパス死傷事故

社会

4日未明、兵庫県加古川市のバイパス下り線にて

自損事故で停車していた、軽自動車にトラックが突っ込み軽自動車に乗っていた

親子が死傷する事故が起こりました。

事故原因は、トラックの前方不注意と言われています。詳しく見ていきます。

 




加古川バイパス下り線で接触事故。1歳男児が死亡

4日未明、兵庫県加古川市のバイパスでスピンして止まっていた軽乗用車にトラックが衝突し、乗っていた1歳の男の子が死亡し2歳の女の子が意識不明の重体です。

軽四自動車に突っ込んだトラック

午前3時10分ごろ、兵庫県加古川市の加古川バイパス下り線で軽四乗用車にトラックが突っ込みました。

この事故で、軽四乗用車の後部座席に乗っていた小林叶一里(かいり)ちゃん(1)が死亡、2歳の姉が意識不明の重体で、運転してた母親(24)もけがをしているということです。

警察によると、事故の直前に軽四自動車がガードレールに接触し、回転して横向きになって停まり母親が路肩に出てから通報しようとしたところトラックが衝突したということです。

3人は帰省先の三重県から岡山県の自宅に帰る途中でした。

警察は、トラックを運転していた粟井文哉容疑者(65)を過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。

調べに対し、粟井容疑者は「前をよく見ずに運転したことで軽四自動車に車を衝突させ、乗っていた人たちをケガさせたことに間違いありません」と容疑を認めています。

出典:カンテレ

4日午前3時10分ごろ、兵庫県加古川市・西神吉町岸の加古川バイパス下り線で

三重県から岡山県倉敷市へ帰省途中だった小林さゆりさん(24)が運転する軽自動車が

ガードレールに接触後にスピン、走行車線に対し横向きで停車、後続のトラックが衝突しました。

さゆりさんは事故を起こしたことで、警察に通報するため車外へ出ていましたが

車内にいた、かいりちゃん(1)が頭などを強く打ち死亡

姉のそなちゃん(2)が肋骨を折るなどして意識不明の重体とのことです

かいりちゃんとそなちゃんは後部座席のチャイルドシートに座っていたといいます。

トラックを運転していた、粟井文哉容疑者(65)は自動車運転過失致死傷の容疑で逮捕されました。

粟井容疑者は神戸市内から姫路市内へ弁当の配送途中だったようです。

警察の取り調べに対し、「前をよく見ていなかった」と証言しています。

またしても高齢ドライバーによる事故、今後この様な事故が増加すると思うと

不安でしかたありません。意識不明のそなちゃんが元気に回復してくれるのを願うばかりです。

 

実際の事故現場はどこなのか?

事故が起こったのは、兵庫県加古川市西神吉町岸の加古川バイパス

JR山陽線宝殿駅から約500mの下り線、片側2車線の道路になります。

母親のさゆりさんは、帰省先の三重県から自宅のある岡山県倉敷市まで

一人車を運転しおそらく疲れから、ガードレールに接触し

事故を起こしてしまったと考えられます。

接触したガードレールには事故の凄惨な様子が見て取れます。

出典:カンテレ




 

粟井文哉容疑者のプロフィール

粟井容疑者の顔画像は未だ特定できていませんが

現在、公開されている情報をまとめてみました。

【プロフィール】

氏名:粟井文哉(あわいふみや)

年齢:65歳

住所:神戸市北区鈴蘭台北町

職業:トラック運転手

勤務先六甲食品輸送

罪状自動車運転過失致傷(7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金)

 

勤務先の六甲食品輸送とは、どんな会社か?

事故発生時の報道では、粟井容疑者の勤務先までは報じられていませんでしたが

追加の報道で容疑者が運転していたトラックが映り会社名が判明しました

六甲食品輸送株式会社

設立日:平成2年10月1日

資本金:2,000万円

所在地 本社・車庫:〒652-0845 兵庫県神戸市兵庫区築地町7-1

従業員  職 員:3名 運転手:19名 作業員:11名(パート含む)

粟井容疑者の勤め先の六甲食品輸送は従業員数33名の中小企業で

主に生鮮・加工食品を運送を主としている会社だと判明いたしました。

今のところ会社のホームページ上では、事故に対する声明などは出されていませんでした。

 

事故の報道を受けてネット上では

ちょうど6時前に現場の前(反対側車線)を通りました。
まだ事故処理中で、追突したトラックは荷物の積み替え中のようでした。
加古川バイパスは、制限速度ともに70km/hの第二神明道路と姫路バイパスに挟まれた制限速度60km/hの自動車専用の一般道です。
時刻的にどの車両も速度を出しがちな時間帯ですが、
現場は見通しの効くほぼ直線区間で、
たとえ、前の車が自損事故を起こしても、充分な車間距離を保って、
速度を抑制していれば、幼い命を失うような重大事故は防げたかも知れません。
今はほとんどのトラックに、トライブレコーダーを取り付けているので、
事故原因は遅からず判明するでしょうけど、年末年始にこのような
痛ましい事故がなかなか減らないのは、同業者としても心が痛いです。

加古川パイハスはアップダウンがある。どこかは分からないが、下りだした所に車高の低い車が横を向いていたら発見はかなり厳しいな。発見した時に止まれる速度でが基本だけど。
スピンした車は未明の走行を避けて出発出来なかったのか。何より1人で長距離運転、子ども同乗なら慎重に運転して欲しかった。

重大事故につながる可能性の高いこういうトラックこそプリクラッシュセーフティみたいな自動ブレーキ機能を義務付けていくべき。
車両価格が上がるのは仕方ないですが人の命には代えられないし、事故を起こした時を考えれば安いものだと思う。

勿論追突したトラックの運転手が一番悪いんですが事故を起こした辺りはほぼ真っ直ぐで見通しの良いバイパス道路です。それで被害者の車がガードレールに接触して仮にハザードランプとか点灯せずに横向きに停車してたら私も回避する自信はないかもしれません。この時間帯だと居眠りかもしくは後ろの子供達が泣いたりしてよそ見をしてしまってのでガードレールにぶつかったんでしょうね?

私は前をよく見ていても、
街灯なく真っ暗なバイパスで
事故車だからライトも当然ついてなくて
そんな場所にとまってしまっている車を
避ける自身がない。
よく思う事なんだけど、教習所で
一回発煙筒を着火する実技があっても
いいと思う。
お子様達がどうかご無事でありますよう。




 

まとめ

今回は兵庫県の加古川バイパスで起きた悲惨な死亡事故をお伝えしました。

お子さんを亡くされた、お母さんの苦しみをはかりしれないことでしょう。

意識不明の女の子が元気に回復し、残されたご家族が幸せに暮らせる事を願うと

ともに亡くなられた息子さんのご冥福をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました