【福島磐梯町】イノシシ猟で誤射。撃たれた男性のケガの具合は?

社会

9日の日中に福島県磐梯町の山林でイノシシ猟をしていた60代男性が

猟に同行していた68歳の男性を誤射してしまう事故がありました。

撃たれた男性は近くの病院へ搬送されました。

撃たれた男性のケガの具合はどの程度のものなどでしょうか?

 




 

イノシシ猟と間違って男性を誤射

出典:テレビュー福島

9日午前、福島県磐梯町の山林でイノシシの狩猟を行っていた68歳の男性が、狩猟仲間の60代男性に誤ってライフル銃を発射する事故が起きました。

9日午前10時50分ごろ、福島県磐梯町大谷の山林で、イノシシの狩猟を行っていた郡山市の68歳の男性がライフル銃を一発発射した際、弾が狩猟仲間の60代男性の左足に当たりました。
60代男性は左足を負傷し、会津若松市の病院に搬送されましたが、全治三週間程度の軽傷だということです。

68歳の男性は警察の調べに対し、仲間の60代男性を「イノシシと誤認して撃ってしまった」と話していて、警察が詳しい事故の原因を調べています

9日、福島県磐梯町大谷で午前10時50分ごろにイノシシ猟に出ていた男性3人が

猟中に仲間の男性1人を誤射してしまったとのことです。

誤って撃ったのは68歳の男性で、イノシシと間違って仲間の60代の男性に

ライフル銃を1発発砲してしまったといいます。

撃たれた男性は会津若松市の病院に搬送されました。

警察の取り調べに対し誤って撃った68歳の男性は「イノシシと誤認した」と答えています。

警察は業務上過失致傷の疑いも視野にいれて捜査をしています。

一歩間違えれば死者が出ていたかもしれない事故ですが、実は同様の事故は

過去にも多数確認されているようです。後ほど詳しく解説していきます。

 

イノシシ猟中、誤射があった現場は

現場は福島県磐梯町大谷の山林と言われています。

〒969-3304 福島県耶麻郡磐梯町大谷

 




 

撃たれた60代男性ケガの程度は?

撃たれた男性ですが、弾が当たったのは左足で全治3週間だといいます。

弾は足を貫通していたとのことですが、動脈を避けていたため命に別状はないとのことです。

仮に当たりどころが悪く、太い血管を損傷していれば出血が多く病院へ搬送中に

命の危険があったことでしょう。

不幸中の幸いでした。

 

シカ駆除中に誤射。猟友会の男性が死亡

2022年6月11日に京都府綾部市佃町の山林にてシカやイノシシの駆除に訪れていた

綾部市の梅原久夫さん(78)が左脇を撃たれ死亡する事故が過去に起こりました。

78歳の別のメンバーがスコープ越しに梅原さんをシカと誤認し撃ってしまったと言います。

地方ではシカやイノシシによる農作物への被害が拡大しているなか

猟友会の高齢化が懸念されています。

今後の猟友会の課題として若手の猟師の育成や後任を見つけることだと指摘されています。

 

狩猟中の誤射についてネット上では

事件事故にならないだけで今迄も誤射は沢山あったんだろうな。
狩猟では、最近も停めてあった車に何発もの銃痕があったり、昔から犯人不明になってる事故はアルアル。
田舎の消防団みたいに自分達だけで利益貪りたい、新参者は寄せ付けない…そういうのが猟友会にもあるんでない?

こういうことが起きないように、しっかりとルールを決めているはずなのに……原因究明と、ルール違反があった場合には免許剥奪を願います。

自分の地元でも、猟銃で誤って仲間を撃って死なせてしまい、自責の念から誤射した本人もその場で猟銃自殺したなんて事件もかつてあった。

今回は軽症とのことで良かったな

姿を見てから打つが、自信過剰なやつは物音だけで打つからこんな奴に猟銃の資格は持たさないように猟会にはたまにこんな自信過剰なやつがいる。

警察は故意の可能性も視野に入れて捜査するのだろうか?




 

まとめ

今回は狩猟中の誤射事故についてお伝えしました。

全国でも同様のケースは多数報告されているといいます。

今回は死者が出なかっただけ安心しましたが、今後は再発防止のため

対策を真剣に講じなければ、事故は減少していかないでしょうね。

難しいとは思いますが犠牲者を出さないためにも必要なことですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました