【接触事故】路線バス運転手の藤田裕太郎の出身やSNSを調査!女子生徒が通っていた学校はどこ?

19日午後6時25頃、秋田県由利本荘市岩城勝手の国道7号にて路線バスと横断歩道付近を歩行中の女子中学生(13)がはねられる事故があった。

この事故で女子中学生は死亡し、バスを運転していた羽後交通の藤田裕太郎容疑者(33)を過失致死傷罪の容疑で現行犯逮捕した。

 

スポンサーリンク



 

路線バス接触死亡事故の概要【動画・記事】

 

 

19日夜、秋田県由利本荘市の国道で女子中学生が路線バスにはねられ死亡し運転手の男が
現行犯逮捕されました。

19日午後6時半すぎ秋田県由利本荘市の国道7号で、秋田市に向かっていた羽後交通の路線バスが
横断歩道近くで道路を渡っていた13歳の女子中学生をはねました。

消防によりますと女子中学生はその場で死亡が確認され乗客と運転手にけがはありません。

警察はバスを運転していた藤田裕太郎容疑者(33)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。

藤田容疑者に持病などはなく、警察はバスのドライブレコーダーなどを押収し当時の状況を調べています。

参照:秋田毎日放送

 

事件があった国道7号線

 

事故があった現場は由利本荘市岩城勝手字新谷の国道7号で発生しました。

Google Mapで現場を確認すると片側1車線で追い越し禁止の見通しの良い道路です。

事故発生時間は午後6字半頃ですので、あたりが薄暗く視界不良の可能性が十分に考えられます

さらに対向車のヘッドライトが重なり歩行者が視認できなくなる「蒸発現象」もあったとも考えられます。

報道によると女子中学生は「横断歩道を渡っていた」のではなく「横断歩道を付近を渡っていた」とのことであり、事故を起こした藤田容疑者は女子中学生の発見が遅れ接触してしまったと思われます。

 

スポンサーリンク



 

藤田裕太郎容疑者のプロフィール・SNS

 

現行犯で逮捕された羽後交通勤務の藤田裕太郎容疑者の情報を調べたところ年齢が33歳ということしか判明できませんでした。

SNSを調べたところ、同姓同名の方が多くみられ特定することは困難だと思われます。

年齢が33歳で何かしらのSNSを利用しているはずですので、新情報が入り次第追記してゆきます。

 

死亡した女子中学生の通っていた学校は?

 

13歳にして帰らぬ人となってしまった事に心が締め付けられる思いです。

彼女が通っていた学校を調べて見ました。事故現場の由利本荘市岩城勝手新谷を中心としてGoogle Mapで検索してみると周辺に何校か中学校が存在することがわかりました。

しかし、どの学校も事故現場から5km以上離れているため、女子生徒は公共交通機関を利用して登校していた可能性があります。

それを考慮すると、通っていた学校は由利本荘市立岩城中学校・秋田市立下浜中学校のどちらかだと思われます。

もしかすると日頃から羽後交通のバスを利用していたのかもしれませんね。

そうだとするとやるせない気持ちになってしまいます。

 

スポンサーリンク



 

まとめ

 

秋田県で発生した路線バスによる死亡事故をまとめてみました。

女子生徒には心からご冥福をお祈りするとともに、1日も早い原因究明がなされることを願います。

今回のケースは事故の被害者が死亡している為、過失割合がバス:人=10:0となりますが、歩行者としての道路交通法を再確認しなくては行けないと思い知らされました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました