【願い届かず】HEPファイブ飛び降り事件、巻き添えの女性死亡

               掲載元https://www.hankyuhanshinreit.co.jp/

 

大阪北区の商業施設「HEP FIVE」の屋上から男子高校生が飛び降り死亡した事件について進展があった。

男子高校生が飛び降りた際、路上を知人と歩いていた加古川市在住の女子大生 古川賀子さん(19)が懸命な治療を受けるも24日に死亡が確認されたと、曽根崎警察署が発表した。

スポンサーリンク



 

事件の概要

 

23日夕方、人の往来が激しい繁華街で事件は発生した。

大阪府内在住の男子高校生が商業施設「HEP FIVE」の屋上から飛び降り、路上を知人と歩行中の古川賀子さんの背中付近に男子高校生の体が直撃した。

事件当時、現場付近は大勢の人で賑わって混雑していた。

HEP FIVEは1〜9Fの商業施設は通常営業、10Fは従業員専用のフロアとなっている為立ち入ることはできないが、防犯カメラの映像には男子高校生がエレベーターで10Fに降り屋上に向かう姿が写っていたという。

屋上への出入り口には普段は施錠がされており、鍵にはプラスティック製のカバーがされ外すと警報がなる仕組みとなっている。

事件当日も警報が作動し、警備員が駆けつけたところカバーが外され屋上には男子生徒の鞄だけが残されていたという。

曽根崎警察署は、遺書などは見つかってはいないが「自殺」として、親族や学校などに聞き取りを行い捜査を進めている。

 

回復の祈り届かず… 未来ある女子大生死亡。防ぎようのない「死」に憤りを感じる。

 

「成人式で会えると思っていたのに」

涙を流しながら語ってくれたのは、古川さんの小学校からの友人で大学2年生の「玉垣 萌さん(20)」だ。

玉垣さんいはく、古川さんは「昔から面倒見がよく、動物好きで優しく温厚な性格」だったという。小学校6年の時に親しくなり、同じ中学に進学し恋愛相談など持ちかけると、いつも聞き役に徹し的確なアドバイスをしてくれたという。

まれにおっちょこちょいな面もあり、妹から鋭くツッコまれていたこともあって可愛らしいところもあったそうだ。

これだけ愛され慕われていた古川さんが「自殺者の巻き添え」により命を落とさなければならなかったのか?

一体彼女が何をしたというのか?あまりにも理不尽すぎる死にネットの反応は…

「死ぬなら一人で死んでくれ」

「場所と時間を考えてほしい」

「巻き込まれた女の子が可愛そうでならない」

「自殺して人殺してるとか、テロと同じやん」

などと古川さんを養護し、男子学生を蔑むコメントなどが多く見受けられました。

しかし、巻沿いで他人を死なせてしまったとはいえ、男子学生本人もそれなりの事情を抱え精神的に追い込まれていたことでしょうから、あまり批判するのも良くはないでしょう。

スポンサーリンク



 

刑事事件への発展有り?遺族への補償は?

 

この事件で、最愛の娘をなくされた古川さん遺族。今後の補償や、自殺者の殺人により刑事責任を問うことは可能なのか調べてみました。

まず、起訴して刑事責任を問うことは可能なのかとう言う点ですが、結論から言うと責任を問うことはできないということです。

もし仮に男子学生が体に障害が残りながらも一命を取り留めた場合、この場合はれっきとした殺人が成立するので何かしらの償いをすることになるでしょう。

しかし、今回の事件は男子学生が死亡しているので「被疑者死亡」とのことで不起訴となることがわかりました。

次に遺族補償に関してですが、こちらは男子学生の親に損害賠償請求がなされる事になるでしょう。その場合の賠償額として数億円レベルになると言われています。

ですが、一般的に数億円という金額を払えるわけがない為、男子生徒の親は3ヶ月以内に相続放棄をすることで慰謝料の支払いを免れることは法的に可能だそうです。

スポンサーリンク



 

まとめ

 

今回亡くなられたお二人には、心からお悔やみ申し上げるとともにご冥福をお祈りします。

未来ある若者に一体何があったのか?巻き込まれたのは古川賀子さんでなければいけなかったのか?

この事件を調べていると「なんで?」「どうして?」「なぜこうなった?」といった感情ばかりこみ上げてきてなりません。

せめてお二人の生前の行いが少しでも報われることを祈るばかりです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました