【祝】アーモンドアイ勝利!ラスト・ランを勝利で飾る

            掲載元:https://www.keibalab.jp

11月29日、東京都・府中市の東京競馬場にて行われた、第40回ジャパンカップにて同レースにて引退を表明しているクリストフ・ルメール騎手の一番人気、アーモンドアイが勝利し有終の美を飾った

この勝利にてアーモンドアイは芝G1・9勝目をマークし記憶と記録を残し惜しまれながらの引退となった。

スポンサーリンク



 

史上初めて3冠馬の激突!手に汗握る最強馬レース

 

今回のレースは、アーモンドアイ・コントレイル・デアリングタクト3冠馬が激突するというビッグマッチとなった。

その歴史的一戦見事制したのはアーモンドアイだった。

同馬はこれまでにJRAにて12億1632万9000円、海外では3億9570万900円を獲得、合計16億1203万8000円。

そして今回のレースの優勝賞金3億円を加算すると19億を超え、それまで賞金獲得ランキング歴代1位だったキタサンブラックの18億7684万3000円を抜き去り賞金獲得ランキング1位となった。

同レースの見どころは多く、観戦に行った競馬ファンもさぞ興奮したことだろう。

レース序盤では、キセキが10馬身以上のリードを広げる波乱の展開からスタートしましたが、アーモンドアイとルメール騎手は慌てることなく冷静に対処。

ラストの直線で先頭に立つと、そこからは2位を争うコントレイルとデアリングタクトの一騎打ちとなった。

それでも接戦を制したのはアーモンドアイで後続を抑えて、2分23秒0で1位、2位はコントレイル、3位はデアリングタクトという結果となった。

 

スポンサーリンク



担当騎手・オーナーは彼女の走りを称賛

 

レース後の記者会見にて担当騎手のクリストフ・ルメール氏とアーモンドアイのオーナー、シルクレーシングの米本昌史代表(45)ともに彼女の走りに感謝の意を評している。

 

クリストフ・ルメール騎手のコメント

「アーモンドアイとのコンビでもう一度GIを勝てて、もちろん嬉しいですが、引退レースで勝って無事に(牧場に)帰すことができたのが一番嬉しいです。

 今日もレースはエンジョイできました。でも今日は特別でした。今日はいつものアーモンドアイでした。レース前はとても自信がありました。

 アーモンドアイはプロフェッショナルでした。天皇賞はGIの記録がかかっていましたし、涙が流れましたが、今日はサヨナラパーティーみたいな感じでした。

素晴らしい脚を使いました。日本で一番強い馬です」

掲載元:https://news.netkeiba.com/

 

シルクレーシングオーナー 米本昌史代表

積み重ねた9勝はもちろんすごいですけど、毎回パフォーマンスが圧倒的というか、今回は強い3歳2頭を従えての結果でしたし、本当に強いアーモンドアイでした。お世話になった方に感謝しかない

掲載元:https://news.yahoo.co.jp/

 

スポンサーリンク



まとめ

 

今回のジャパンカップはG1勝者の3冠馬が揃うとういう白熱したレースでした。

惜しくもアーモンドアイは今レースにて引退となりますが、彼女の資質を受け継ぐ名馬が登場するのを期待しましょう。

ちなみにアーモンドアイの引退式は12月19日、中山競馬場にて行われるそうです。

ファンの皆さんは最後に彼女の姿を見に行かれてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました