「ジェットスター・ジャパン」国内路線撤退へ…

 

 

引用:https://news.mynavi.jp/

格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンは国内24路線のうち4分の1に当たる6路線を無期限の運休と発表。

6路線は需要の伸び悩み及び収益が見込めないとして運休を決定した。今のところ再開の目処は立っておらず、事実上撤退となった。

スポンサーリンク



 

主な運休路線

 

対象となる路線は関西空港発着〜福岡・高知・熊本3路線及び、中部国際空港〜新千歳・鹿児島を往来する2路線成田空港ー庄内を結ぶ路線合計6路線。運休実施は10月25日以降となる。

当初は来年3月まで冬ダイヤにて運行する予定であったが、新型コロナウイルス感染拡大により海外渡航・県外の往来制限もあり大幅に利用客が減少、同社は減便を継続しており11月においては374往復を減便することを決定している。

スポンサーリンク



 

大幅赤字による経営困難

 

苦渋の決断ともいえる運休・撤退。その背景には新型コロナウイルスの世界規模での感染拡大は無視できないだろう。

新型コロナウイルスによりLCC航空各社は旅客数の低迷が続いており、ジェットスター・ジャパンにおいては2020年6月期単体決算において77億円の赤字となった。

政府の政策として「GO TO トラベル」が実施され他府県への往来が可能となったが、このまま旅客数が感染拡大前の旅客数に復帰しない場合、経営困難に陥り存続は危ぶまれるだろう。

このためジェットスター・ジャパンは9月に在籍している600名のパイロット、客室乗務員に希望退職や無休の長期休暇の取得を提案し人件費削減に向けて動いていたが、路線運休・撤退により追加の希望退職者を募るという。

 

国内の主なLCC事業者の現状

 

国内で就航しているLCC航空会社、TOP5の現状を調査してみたところ以下のようになったのでまとめてみた。

  1. ピーチ・アビエーション
  2. バニラエア
  3. ジェットスター・ジャパン
  4. 春秋航空
  5. エア・ドゥ

上記のLCC事業者の経営状況を調査すると、やはり新型コロナウイルスによ旅客数低迷が5社でも続いており、特にピーチ・アビエーションは2020年3月期単体決算において94億円の赤字が確定しており、2年連続の赤字更には会社設立以来最大の赤字幅となった。

売上高についてはバニラ・エアとの事業提携により前期より17.6%増の710億円に収まった。

ピーチ・アビエーションは来期の業績予想については公表しておらず、国内線の利用率が徐々に回復してはいるものの、感染拡大前の業績に戻るまではいぜん苦しい経営状態が続くだろう。

スポンサーリンク



 

まとめ

 

「GO TO トラベル」が実施され徐々に旅客数も回復傾向にあるが、以前の様な活気が戻るまではかなりの時間を要するだろう。

日本の航空会社は「世界一安全」と世界各国から称賛されているだけあってその能力を十分に発揮できないことにもどかしさを感じているのは言うまでもないだろう。

また近いうちに「人・物・憧れ」を乗せ私達の頭上をせわしなく航空機が飛んでいる日常が戻って来ることを願うばかりだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました