自民党議員・武井氏、無保険車両で当て逃げか⁉事故現場の詳細な位置はどこ?

事件・事故

6月8日午後6時ごろ、東京都港区六本木の交差点で、自民党議員・武井俊輔氏が乗る乗用車が自転車の男性と接触、車はそのまま立ち去ったという。

この事故で車を運転していた武井議員の公設秘書を道路交通法違反の容疑で取り調べを行っている。

 

自民・武井議員の公設秘書が当て逃げ容疑

 


この事故は8日午後6時ごろ港区六本木の交差点で、自民党・武井議員の60代の男性秘書が運転する乗用車が大通りから左折する際、50代の男性が乗った自転車と接触事故を起していた事が判明しました。

接触事故を起こした際、男性秘書が運転する車はその場を走り去ったといいます。自転車の男性が後を追って車を停車させたとのことです。男性にケガはありませんでした。

車には武井議員も乗っており、乗用車は車検切れの無保険状態だった事が判明しました。

警察は、男性秘書を道路交通法違反等の容疑で取り調べを進めています。

 

公設秘書が接触事故を起した現場は?

 

公設秘書が接触事故を起したのは、六本木通りの交差点ということが判明しました。

 

自転車と接触すれば大概気がつくと思うのですが、車を運転していた秘書は気が付かなかったのでしょうか?

それとも武井議員がそのまま車を走らせるように指示をしたのでしょうか?

どちらにせよ、じきに真相が解明されるはずですので、新情報が公開され次第お知らせします。

 

前回は飲酒運転…武井議員の不祥事は今回が2度目

 

武井議員の秘書が事故を起したのは今回が初めてではないようです。

2019年9月29日午前8時10ごろ東京都千代田区有楽町の晴海通りで乗用車を運転していた、23歳の男性秘書が酒気帯び運転で警察車両に追突した事件がありました。

この事故で追突された警部補は首に軽傷。事故を起した男性秘書の呼気からは基準値を超える0.44㎎/1Lのアルコールが検出されておりました。

警察の調べに対し、秘書は「29日未明まで友人と酒を飲み、武井議員を羽田空港まで送り届けた後、都内で事故を起した」と容疑を認めています。

1度ならず2度まで同じ過ちを犯すとは、秘書だけでなく議員に対しても何かしらの責任を取ってもらう必要がありそうですね。

 

議員公設秘書による当て逃げに世間の反応は?

 

当て逃げ事件ですから議員本人の責任を必ず認定してください。
一般人なら必ず逮捕の案件だと思います。
しかし、どいつもこいつも不祥事続きで嫌になりますね。

 

衆議院議員の車が車検切れとか有り得んわ。それでよくも立法が出来るね。隠す為に逃げたのなら車検切れは確信犯だよ。

 

過去にも秘書が飲酒運転で逮捕されているなら新しい秘書にも日頃から運転には注意する様に言うのが普通だろう。それなのに自分が同乗してた車でひき逃げとは。。。国の為に働ける素養がないやつは辞職しろよ。

 

車が無保険なら車検も切れているだろうし、運転手は違反であるが、所有者にも責任あるでしょ。逃げた時に止めなかったのも同罪。それも、二回目だからね。また、離党か議員辞職足す実刑でしょ。

 

与野党を問わず国会議員はたるみ切っている。
不祥事のニュースを見るたび、選挙以外の方法で国民が鉄槌を下せないのかなと真剣に思う。

 

まとめ

 

①自民党・武井議員の公設秘書が六本木で接触事故を起していた

②接触後、停車せずそのまま走り去った。被害男性にケガはありませんでした。

③警察は、秘書をひき逃げでの道路交通法違反容疑で取り調べを進めている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました