【ひき逃げ容疑逮捕】せっかく掴んだスターの座。引退の危機も浮上…

 

 

 

 

釈放直後の伊藤健太郎

引用:https://www.jiji.com/

 

10月28日に接触事故を起こし現場から逃走したとされ、29日午前ひき逃げ等の容疑で人気若手俳優の伊藤健太郎容疑者(23)が警視庁に逮捕された。

業界関係者によると、伊藤容疑者は「デビュー当時から素行が悪く、いつかこうなると思っていた。」と語った。

スポンサーリンク



 

事件の概要

 

28日の午後5時45分頃、港区・千駄ヶ谷の交差点で伊藤容疑者が運転する乗用車が男女二人が乗る250ccバイクと衝突事故を起こし、バイクに同乗していた女性が足の骨を折るなどして重軽傷を負わせ上、現場から立ち去ったと報道された。

 

警視庁は伊藤健太郎容疑者を自動車処罰法違反(過失運転致傷)及び、ひき逃げによる道路交通法違反の容疑で29日午前に逮捕した。

 

調べを進めていると、28日に衝突事故を起こした際に伊藤容疑者は負傷した男女二人を救護措置もとらず置き去りにし、自身はUターンしてその場を去ったという。

しばらくして、事の重要性を認知したのか伊藤容疑者が現場に戻ってきたとのこと。

しかし、現場に戻ってきたのも自分の意思ではなく、伊藤容疑者の後方を走る後続車に数百メートルにわたり現場に戻るようクラクションを鳴らされ渋々戻ってきたようだ。

 

衝突事故を起こしておきながら、現場から逃走し後続車に数百メートル追跡されても尚逃走し続けるなど、伊藤容疑者の異常な性格が見て取れます。

 

更に事故現場を目撃した人によると、警察との現場検証の際には飄々とした様子でスマホを触っていたといいます。

 

事故を起こし負傷した男女の事より、世間の自分に対する反応のほうがよっぽど気になったのですかね?

 

普通なら事故現場でそのような事はしないはずです。よほど気が動転して落ち着かせる為にそういった行動をとったのでしょう。

 

「クソ生意気」「もう使いたくない」

 

「自分は人気があるから大丈夫とか揉み消せるかもとか思ったのでしょうね」

と芸能関係者は口を揃えて発言する。

 

伊藤容疑者の素性を調査すると「何様エピソード」の数々が飛び出してきた。伊藤はデビューして間もない頃から自身の演技にダメ出しされるたびに不貞腐れていたとか。

 

更には、「先輩俳優もナメきっていて挨拶をしない」初対面の人に対し「タメ口」で話すなど業界全体通して悪評が染み付いているようだ。

 

とある映画関係者の話では、「伊藤はクソ生意気で監督と揉め、マネージャーが頭を下げていたとか、散々な話を聞きました」

 

この話を聞いた周囲は、役者としての最低限の礼儀や姿勢などが欠如しているなどと思ってしまうかもしれませんね。

 

スポンサーリンク



出演作品のへの影響は?

 

伊藤健太郎といえば、2018年放送のドラマ「今日から俺は!!」の主役に抜擢され同作は映画化もされ順調な役者人生を歩んでいたが、今回の件により業界復帰には暗雲が立ち込めている。

 

そのことは出演作品にも同様で、直近で出演予定だったフジテレビの番組は差し替えられることが決定。

 

CMキャラクターを務めていた「マルハニチロ」のキャンペーンは中止になり、更に12月放送予定だった「夜の連続テレビ小説 うっちゃん」はすでに降板が決定

 

現在上映中の映画「とんかつDJアゲ太郎」及び、女優 黒木瞳の監督作品「十二単衣を着た悪魔」前者の映画は予定通り公開となったが収益に何らかの陰りがあるだろう。

 

後者に至っては、現在協議中との情報があり公開中止となれば監督してメガホンを取った黒木瞳に泥を塗ることになり芸能界では一層、肩身が狭くなるのは間違いない

 

スポンサーリンク



まとめ

 

今回の一件はまさに「天国から地獄」と表するのが妥当だろう。

だがしかし、世間は伊藤本人の「自業自得」であり「身から出た錆」という見方をする方々も多いのかもしれません。

若くして人気が出たからと言って、何をしても許されるほどこの世の中は「ドラマ」や「映画」のように思い通りに行かないのだと身を持って学んだ事でしょう。

彼にはこれまでの経験を活かし、心機一転し復帰に向けて頑張ってもらいたいと思う。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました