佐藤元洋くんの通っていた学校が判明⁉運転手の佐野太紀容疑者の姿を捉えた!事故はなぜ起こってしまったのか…

18日午後に悲しい出来事が起こってしましました。

横浜市内に住む小学2年の児童が、車にはねられ午後4時40分頃に搬送先の病院にて死亡しました。

周囲からは悲しみの声が多く寄せられています。

一体なぜ事故は起こってしまったのでしょうか?

 

スポンサーリンク



横浜市金沢区にて車に轢かれ小学2年の児童が死亡

 

18日午後、横浜市の駅前の道路で小学2年生の男子児童がワゴン車にはねられて死亡しました。

18日午後3時すぎ横浜市金沢区の京急富岡駅前の道路で、近くに住む小学2年生、佐藤元洋さん(7)が走ってきたワゴン車にはねられました。
佐藤さんは、病院に搬送されましたが、およそ1時間半後に死亡しました。
警察は、ワゴン車を運転していた神奈川県綾瀬市の会社員、佐野太紀容疑者(30)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。
現場は見通しのよいほぼ直線の道路で、これまでの調べで事故は、横断歩道の手前の信号のない場所で起きたということです。
佐野容疑者は、仕事で車を運転していて、調べに対し「先のほうを見ていて気がつかなかった」などと供述しているということです。
警察は事故の詳しい状況を調べています。

参照:NHK NWES WEB

 

 

事故現場の詳細な位置

 

事故が起こった現場は横浜市金沢区富岡西7丁目1

京急富岡駅の東口付近で午後3時過ぎ佐藤元洋くんが血を流して倒れていると通報があったようです。

元洋くんは横断歩道を渡ろうとして、車に轢かれたということです。

現場は見通しの良い直線道路だったといいます。

参照:FNNプライムオンライン

 

事故現場の道路は見通しは良いですが、駅前ともあり人通りが多く信号のない横断歩道だった為、スピードは出づらいと思われます。

車を運転していた佐野容疑者は、「先をみていたら気が付かなかった」と供述している為、前方不注意で接触してしまったとみられます。

 

佐野太紀容疑者のプロフィール

 

参照:FNNプライムオンライン

 

  • 氏名  佐野太紀(さのたいき)
  • 年齢  30歳
  • 出身  不明
  • 住まい 神奈川県綾瀬市小園
  • 職業  会社員
  • 勤務先 株式会社ユニマットライフ
  • 罪状  自動車運転処罰法違反(過失傷害)

 

 

佐野容疑者の運転していたワゴン車は株式会社ユニマットライフの配送車だったことがわかりました。

参照:FNNプライムオンライン

 

今回の事故を受けて株式会社ユニマットライフの対応を調べてみましたが、公式HPを確認しましたが今の所は何のアクションもありませんでした

おそらくは警察から事故の事実確認や事情聴取の最中で、会社から事の真相が語られるまでは時間がかかると思われます。

最新の情報が入り次第、公開していこうと思います。

 

スポンサーリンク



佐藤元洋くんが通っていた学校が判明!

 

亡くなった佐藤元洋くんが事故に巻き込まれた時間帯が午後3時過ぎだった為、恐らく下校途中だったと考えられます。

そこで元洋くんが通っていた学校を調べてみたところ…

可能性の高い小学校が見つかりました。

横浜市立富岡小学校は事件現場となった京急富岡駅から約400mの位置し、幼い児童でも十分に移動できる距離にあります。

他にも小学校がないか調べましたが、付近には見当たらなかった為、元洋くんが通っていた小学校は富岡小学校の可能性が高いと思われます。

 

事故報道をうけての世間の反応

 

速報では重体だったのですが、残念です。
運転するときは細心の注意を払わなくてはなりませんね。
スクールゾーンの午後3時だと完全に下校時間で子どもが多いのは分かりきっていることですから。
「車がいなくなったか、停止したことを確認しない子どもと、教育を怠った親が悪い」ってコメがあるかもしれないが、小2の自己防衛に頼りきりの運転するくらいなら免許返納しましょう。

 

親御さんが気の毒。朝まで元気で見送った息子が、何も言わずに帰ってくるなんて。
交通事故の犠牲になってからでは遅い。

 

数年前まで近くに住んでました。道の狭い場所で運転するには気を使う怖い場所でした。被害者の方のご冥福をお祈りするとともに、どうかこのエリアをに車の侵入制限をした交通制限を加えて下さい。これ以上の犠牲者が出ないように。

 

丁度現場を通りました。やはりあの出血量と、現場での心肺蘇生をしていたので厳しいなではと思いました。富岡駅周辺は本当に車道と歩道が危険なエリアです。改善しないと。ここは危険に慣れすぎていて、人がいても飛ばす車、車の前を横切る歩行者と本当に危険な道です。

 

悲しく残念です。重体の意識不明とニュースで見聞きしていたもので……。
この記事の時点では、亡くなった男の子の身元がわかっていないようですが、子供が帰宅しないことに心配されている親御さんがいると思います。
ちょっとの安全確認、思いやりの気持ちを持つだけで事故は防げると思います。

 

ここはよく車で通りますが危ないですよね…
歩行者との距離もないし、対向車も普通に来るし、自分の中で結構危険地帯。

 

金沢区では10数年前にも小学生の交通事故死がありました。徒歩で30分くらいの距離です。
そこは時差式信号になりました。

どうか二度と起こらないよう対策をしてほしい

 

富岡小学校辺りから駅を通り国道16号にぶつかるまでの、富岡商店街は特に道路が狭い。この被害者である児童と同じくらいの年齢のとき、同じ通りで車にひかれそうになった。数十年前の出来事だけれどあの瞬間の情景や恐怖は薄らぐことはない。子どもに安全な道路をつくるのも、運転者として予測と減速をおこなうのも、大人の責任だよな

 

この辺は道が狭すぎる上にガンガン飛ばしてる車も多いです。
子供は自分の予測不能な動きをすると思いながら注視して運転する必要があります

参照:ヤフー・ニュースコメント欄

 

スポンサーリンク



まとめ

 

横浜市金沢区で起きた人身事故についてまとめると…

①被害者は小学2年の佐藤元洋くん(7)

②加害者は会社員で㈱ユニマットライフに勤務の佐野太紀容疑者(30)

③事故現場はスクールゾーン指定となっているが、道幅が狭く車と歩行者の接触が多い場所

④事故発生時、元洋くんは横断歩道ではないところを、横切り車と接触した模様

最愛の息子さんが変わり果てた姿を目の当たりにした時、とてつもない悲しみと喪失感に見舞われたことでしょう。

ご遺族の心中をお察しするとともに、亡くなられた元洋くんのご冥福をお祈りします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました