大津市北大路3丁目東児童遊園地「ジャングルジム転落事故」6歳少女死亡。

事件・事故

大津市でショッキングな事故が起きてしまいました。

1日午前に児童公園で遊んでいた小学校1年の少女が遊具から転落してしまい、搬送先の病院で死亡が確認されました。

事故当時の状況など詳しくみていこうと思います。

 

スポンサーリンク



 

ジャングルジムから妹が転落死。居合わせた兄の心境は...

1日午前、滋賀県大津市の公園で、6歳の女の子が意識不明の状態で倒れているのが見つかり、その後、死亡した。警察は、ジャングルジムから転落したとみて調べている。

 現場は大津市北大路にある児童公園で、午前9時半ごろ、通りがかった人から「ジャングルジムの下に子供が落ちている」と消防に通報があった。消防などが駆け付けると、小学1年生で6歳の女子児童が意識不明の状態で倒れていて、病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。

 警察によると、女の子は17歳の兄と公園で遊んでいた最中に、ジャングルジムから落下したとみられているが、遊具に破損などはなかったという。

 ジャングルジムは高さが2.5メートルほどで、警察は女の子が転落した状況などを詳しく調べることにしている。

参照:YTV

体重の軽い6歳の女児でも2.5m高さから落下すれば、大怪我は免れないでしょうが今回は本当に心痛む事故となってしまいました

女の子はジャングルジムの下で仰向けになって倒れていたところを兄が発見し通報したと報道にありますが、落下の拍子にジャングルジムの一部に頭を打ったのでしょうか?

落下の瞬間を一緒にいた17歳のお兄さんが目撃していた様ですが、 このような結果になってしまい心優しい彼が責任を感じないのが心配です

 

実際の事故が起きた北大路の児童公園はどこ?

〒520-0843 滋賀県大津市北大路3丁目 北大路三丁目東児童遊園地

 

スポンサーリンク



 

女児が遊んでいたジャングルジムに問題があった⁉

参照:産経新聞

女児が遊んでいたジャングルジムですが、警察の調査にて遊具に破損等は無かったとされており

単に遊んでいた中での事故のようです。

幼稚園・保育園児なら近くに保護者や同伴者が安全の為付きそいますが、小学校1年生ともなれば本人の好きなようにさせるでしょう。

こどもは予期せぬ行動をとりがちなので油断は禁物ということなのですね。

ちなみに公園の遊具で一番事故が多いのは滑り台でその次にジャングルジムだそうです。

今後、公園から次々と遊具が消え殺風景な広場だけ残るのが公園の行く末なのでしょうか?

小さい頃から公園の遊具で遊んできた自分としては少し悲し未来ですね。

ジャングルジム転落事故を受けて世間の反応は?

お兄さんが近所に駆け込み、通報をお願いしたと他の記事にはありました。
お兄さんに矛先を向けてほしくないです。

小学1年生なら同級生だけで遊ぶ場合もある。
いつまでも大人が見てなきゃ遊べないのもダメだしさ。
防ぎようがないよ。
悲しくて悔いもあるだろうけど、お兄ちゃんは自分を責めないでね。

お兄ちゃん、辛いでしょうねぇ。
うちは上の子が年長ですが、いまだにキャッチ出来る位置まで手を近づけて見守ってる。
でもそれを17歳に求めるのはちょっとなって思うし…。

年齢が大分離れて居るので親は安心して兄に任せて居たと思います。
親が子供を見守る事と兄弟が見守る事の違いですね。
公園で遊ぶ事からお兄ちゃんも安心して居たと思います。
まさかこんなことが起こるとは予測して居なかった筈です。

隣の遊具は新しいから、ジャングルジムはそのまま残されていたのか。見るからに古そう。
撤去になるんだろうけど、子供の体力低下の問題もあるし。近所の公園の滑り台も無くなったから、今後、子供は何で体力作るんだろう。

 

スポンサーリンク



 

まとめ

大津市北大路3丁目の児童公園でおきた転落事故についてまとめてみました。

誤って転落死してしまった女の子とそれを目撃していたお兄ちゃん両方ともに可愛そうでなりません。

今後も安心安全かつ無事故で利用できる公園が増えることを祈ります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました