【富山】刃物男に警官発砲!?幸田容疑者を発砲した路地を特定!

22日、午前3時40分ごろ富山県飯野の住宅街から「息子が暴れている」と110番通報があった。

現場に警察が駆けつけると、包丁を持った男が「刺してやろうか」と近づいてきた為、止む終えなく拳銃1発を発砲。

弾は男性の胸に当たり、直後に病院へ搬送されたが約45分後、死亡が確認された。

死亡したのは無職の幸田勇治容疑者(38)

幸田勇治容疑者はなぜ突然暴れ出したのでしょうか?事件現場は?そして警察のとった措置は正当なものだったのか?それらを詳しく見ていこうと思う。

スポンサーリンク



発生した事件の概要【動画・記事】

 

 

22日午前3時40分ごろ、富山市飯野の路上で、110番で駆け付けた富山中央署の男性巡査部長が、包丁を手に「刺してやろうか」と襲い掛かってきた男に拳銃1発を発砲、弾が胸に当たった。男は近くの病院に運ばれたが、約45分後に死亡が確認された。同署の奥村武志副署長は「適正な職務執行であったと考えている」とコメントした。

同署によると、死亡したのは近くに住む無職幸田勇治容疑者(38)。殺人未遂や銃刀法違反(所持)の疑いで捜査する。

幸田容疑者の母親が「息子が暴れている。110番してほしい」と近隣住民に依頼。駆け付けた署員2人が幸田容疑者に職務質問していたところ、刃渡り約20センチの包丁を手に向かってきたという。巡査部長が「包丁を捨てろ」と複数回警告したが、さらに近づいてきたため、約5・5メートルの距離から発砲した。

県警は司法解剖し、死因を特定する。    参照:産経新聞

 

事件現場を特定!?現場は閑静な住宅街

 

富山県警の警察官が幸田容疑者を発砲した現場が判明しました。

それがこちら

現場は県道65号線から路地を少し入った住宅街で付近には商業施設や事務所などが確認されます。

事件発生時刻が午前4時前ともあり当たりは静寂に包まれ、人通りも全く無かったと考えられます。

調査を進めわかったことは、この辺は日中からあまり人の往来が少なく、仮に幸田容疑者が通報者に重症を負わせ逃走したとなると早期発見は困難だった可能性がありそうです。

スポンサーリンク



警官による発砲は正当防衛だった!?

 

事件が発覚したのは、幸田容疑者の母親が近隣住民に「息子が暴れている、110番して欲しい」と駆け込み、住民からの通報を受けて発覚した。

報道によると駆けつけた警官は2名、発砲したのは60代の巡査部長とのこと。

付近の交番を調べてみたところ、事件現場から西へ約500mのところに「富山中央警察 広田交番」がありましたので、二人の警官は通報を受けてそこから駆けつけたものと思われます。

赤線は事件現場の路地

この事件で最も注目を引くトピックスは「警官が一般市民に向けて発砲」という事。

いくら刃物を持っていたとはいえ、近づいてきただけの幸田容疑者を撃ち殺すとは、少しやりすぎではないかと各方面からの声が上がって来そうだが、警察の行動に誤りはなかったのだろうか?

報道をよく確認してみると、包丁を持った幸田容疑者に職務質問しようとした際…

包丁を手に「刺してやろうか」と襲い掛かってきた  参照:産経新聞

 

それに対し巡査部長は

「包丁を捨てろ」と複数回警告したが、さらに近づいてきたため、約5・5メートルの距離から発砲した。

参照:産経新聞

 

上記の報道の通り、巡査部長は幸田容疑者に再三の警告を行ったが、効果はなくこのままだど自らの身と近隣住民に被害が及ぶ可能性が極めて高いと判断し、発砲という決断を下したのでしょう。

このことから、警察の判断に誤りはなく正当防衛だったということに間違いはないようです。

 

幸田容疑者の死因

 

警官が発砲した弾は幸田容疑者の胸に命中したと報道されています。

おそらくはあたった弾が左右の肺どちらかを損傷したことによる「失血と肺の損傷」が原因ではないかと考えられます。

どちらにせよ致命傷であった事に変わりはなさそうです。

詳細に調査を行いましたが、直接の死因に関する情報は得られませんでした。

最新の情報が入り次第、追記していきます。

幸田容疑者の死因について情報の更新がありました。

司法解剖の結果、「大動脈損傷」であったことが判明しました。

 

スポンサーリンク



まとめ

 

富山県飯野で起きた警官による刃物男発砲事件についてまとめてみました。

人によれば今回の警官の措置は「やりすぎでは?」という声もありそうですが、私は被害の拡大を未然に防いで頂いた二人の警官に感謝したいと思います。

お二人の様な警察官がおられるからこそ、街の安全が保たれているといっても過言ではないでしょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました