【戸塚ヘビ脱走】アミメニシキヘビは盗難の説が浮上⁉脱走したアパートの詳細が判明。飼い主の法的責任はあるのか?

横浜市戸塚のアパートから体長3.5mのアミメニシキヘビが脱走してから、9日目が経過したが未だ発見に至っていないようです。

脱走が発覚してから、警察・消防が連携して捜索にあたってきましたが、成果がなく今日の捜索が中断された模様です。

一体ヘビはどこへ行ってしまったのでしょうか?

ヘビを飼育していたアパートと本当に脱走したのか、それとも盗難にあったのか気になったので調べてみました。

 

スポンサーリンク



 

アミメニシキヘビ脱走の概要

 

 

ヘビが飼育されていたアパートはどこ?

 

体長3.5mの大蛇が飼育されていたのは、横浜市戸塚区名瀬町1860の2階建てのアパートの2階にて20代の飼い主が飼育してました。

こちらがそのアパートです。連日テレビで報道されていますのでかなり認知はされてきました。

周辺地域を調べてみると、アパートの裏側には雑木林が広がっており、大型のヘビが隠れるには絶好の場所となります。

更には近隣にゴルフ場がある為、もしゴルフ場の林に逃げ込まれたりすると早期発見は困難になると思われます。

いっそのこと、グリーンに出てきてくれると見つけやすいんですけどね。

 

ヘビ脱走から今日までの時系列

 

アミメニシキヘビが脱走してから、今日で9日目となりましたが、今一度ヘビが脱走してから今日までの時系列を整理して見ようと思います。

  • 5月6日 夜 ▶飼い主が帰宅後、ケージにヘビがいなくなっているのを確認
  • 5月7日 ▶警察が14人体勢で捜索
  • 5月8日 ▶発見ならず
  • 5月9日 ▶発見ならず
  • 5月10日 ▶発見ならず
  • 5月11日 ▶発見ならず(消防署の赤外線カメラを使用 捜査員20人以上動員)
  • 5月12日 ▶発見ならず
  • 5月13日 ▶発見ならず
  • 5月14日 ▶置き餌を設置 捜査員100人体勢で捜索 発見されぬまま捜査中止

 

本日より警察・消防・動物愛護団体の職員合わせて100人体勢での大捜索となりいよいよ大事になってきたヘビ捜索ですが、果たして見つかるのでしょうか?

私自身、爬虫類が好きで動物園などによく見に行っていた立場であるため、ヘビを含め近隣住民の方々に被害なく見つかってほしいと思います。

それにしても置き餌用のカゴ小さすぎませんか…?

参照:FNNプライム

 

スポンサーリンク



 

そもそも飼育していたアパートは動物NGだった⁉

 

近年、自宅で手軽に飼育できるという理由で爬虫類を飼う人口が増えつつあります。

特にヘビは一度エサを食べると数日から数週間、大型のヘビになると1ヶ月はエサを食べなくても生きていける為、ペットの中では人気が出つつあります。

しかし、今回のアパートはペットNGの物件ということわかり飼い主の責任が問われています。

そもそもペットNGの物件で生き物が飼えるのでしょうか?

結論から言うと、全ての生き物がNGとなります。ですのでイヌ・猫はもちろんハムスターや金魚などの小動物の飼育も不可となります。

ハムスターの壁紙金魚の群れの壁紙

 

ですが例外もあって、大家さんや管理会社等に確認し届け出を提出すれば、小動物などは飼育可能な場合があるそうです。

 

数十万円で取引される個体がある

 

一週間以上にも及ぶ大捜索の中ある説が浮上してきました。

それは、アミメニシキヘビは脱走ではなく盗難に合った可能性が出てきたのです。

飼い主さんの話では、別のケージに移し変えるため一時的に木製のケージに施錠していたようですが

ヘビの重みで鍵が破損していたというのです。

参照:日テレNEWS

 

この情報を聞いた時に私は「ん?」と感じました。

なんてったって凶暴な大蛇を飼育しているのにそんな軟な鍵を使用するでしょうか?

確かにニシキヘビは成長すると、とてつもない力を出すようになりますが、幅90cm、奥行き60cmのケージ内で鍵を破壊するほどのパワーを出すのには難しいのではないかと思うのです。

ということは、外部から何らかの形でこじ開けられたのではないかという可能性も考えられるのです。

実際成熟したアミメニシキヘビは40万〜50万円の価格で取引されていた過去もあり、盗難という説は全く無いとは言い切れないのです。

 

スポンサーリンク



 

まとめ

 

横浜市戸塚にて脱走したアミメニシキヘビの事について書かせてもらいました。

実は31年前にもアミメニシキヘビが脱走すると言う事件があったそうです。

その時は20万円の懸賞金がかけられ4日後に無事発見されたみたいですよ。今回も懸賞金がかけられるんでしょうか?

爬虫類好きの筆者としては、住民の皆さんと脱走したニシキヘビが被害なく事件が解決してほしいと願っております。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました