【踊り子号】書類送検の撮り鉄はどこの誰?実名が判明⁉

事件・事故

警視庁日野署は9日、JR東日本の敷地内に侵入したとして「撮り鉄」と呼ばれる鉄道ファンの男性2人を営業法違反の容疑で書類送検した。

2人は引退した車両185系を撮影しようとして敷地に立ち入ったとされている。

スポンサーリンク



「踊り子号」を求め敷地内へ侵入。快速電車が緊急停止する始末

参照:FNNプライムプライムオンライン

東京地検に書類送検された2人はいずれも無職で千葉市在住の(28)と愛知県瀬戸市の(23)の男性

送検容疑は3月24日午後4時45分ごろJR東の敷地内に立ち入ったとされている。

現場は撮り鉄内では有名な東京・日野市の撮影スポットで、その日「踊り子号185系」の引退に伴い集まっていたとされています。

JRや日野署によると、同日185系は埼玉から長野へ回送中で2人を含む数人が日野市内の橋の線路付近で待ち構えていた。

しかし車両の前を走行していた快速電車が撮り鉄を発見し、速度を落とし緊急停止し数人が線路付近から逃走する姿がネット上で拡散され問題となった。

この影響で快速電車が30分間停車し、後続の車両にも遅れが生じた。

問題となった撮り鉄の人気スポットとはどこ?

撮り鉄たちがこぞって集まる人気スポットの場所を調べてみました。

撮り鉄たちはJR中央線日野駅〜立川駅間にある「多摩川橋梁」に立ち入ったことが判明しました。


グーグルマップの口コミ評価を確認してもここは撮影スポットとしてもかなり有名な場所の様です。

冬の晴れた日、立川駅寄りでは富士山をバックに撮影できるということもあり昔から根強い人気がるといいます。

今回、書類送検された2人は警察の取り調べに対し、千葉市の男性は「立入禁止の看板がなかったので入った。他人と違う写真が撮りたかった

瀬戸市の男性は「有名な撮影スポットで20回くらい来たが、今まで電車が止まったことはない。高く売れる写真を撮りたかった」と供述している。

人と違う写真が撮りたい気持ちはわかりますが、進入禁止の看板がなくとも危険な場所であるのはわかるはず。

ましてや20を過ぎたいい大人なんですから、マナーを守り良識ある行動をとって欲しいと思います。

スポンサーリンク



迷惑行為を行った撮り鉄の名前は?

書類送検された2人の名前を調べてみましたが、現在公開されているのは年齢と大まかな所在地だけで名前までは確認することができませんでした。

今後の捜査の進捗過程で名前が公開される可能性がありますので、その際には改めて追記していく予定ですので、今しばらくお待ち下さい。

撮り鉄の行き過ぎた行動にTwitter上では…

スポンサーリンク



まとめ

①9日警視庁日野署は3月24日にJRの敷地内に無断侵入した鉄道ファンを営業法違反の容疑で書類送検した。

②東京地検に書類送検されたのは、千葉市の28歳と愛知県瀬戸市の23歳の男性

③当時、2人を含む数人がJR中央線の多摩川橋梁に立ち入り引退する「踊り子号」を撮影しようと待ち構え、走行中の快速電車を緊急停止させ後続車両に30分の遅れが生じた。

④送検された2人は「人と違う写真が撮りたかった」「立入禁止の看板がなかった」などと供述している。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました