白金高輪駅にて硫酸散布!逃走中の犯人の顔画像や詳細な事件現場は?

事件・事故

24日夜に東京都港区高輪の東京メトロ白金高輪駅で「液体をかけられたと」119番通報がありました。

液体の正体は「硫酸」とされ、20代男性と30代女性が被害にあったといいます。

硫酸をまいた犯人は現在も逃走中で警察が引き続き足取りを追っている最中です。

 

スポンサーリンク



 

白金高輪の硫酸散布事件の概要

24日午後9時10分ごろ、東京都港区高輪の東京メトロ白金高輪駅で「薬品をかけられた」と119番があった。

東京消防庁や警視庁によると、都内在住の会社員の男性(22)と女性(34)が男に硫酸をかけられるなどして顔や足などにやけどをし、病院に搬送された。2人とも意識があり、命に別条はないという。男は現場から逃走しており、警視庁は傷害容疑で公開手配した。

同庁によると、男は30~50代ぐらいで、身長約175センチの小太り。黒色のポロシャツと長ズボン、スニーカー姿で、黒いキャップに白色マスクを着用していた。

手袋をした右手に小瓶のような容器を持ち、同駅の地下2階から同1階に上がるエスカレーター付近で、中の液体を男性の顔にかけた後、容器をショルダーバッグに入れて立ち去ったという。女性は地面にこぼれた硫酸を踏んで転倒し、足に硫酸が付着した。

男性は顔や肩、背中に、女性は右膝などにやけどを負った。男性は搬送される前、「目が開けられない」と話していたという。

参照:時事通信社

犯人の男は現在も逃走しており警視庁が足取りを追っているとのことです。

硫酸をかけられた22歳の男性会社員は「痛い痛い、助けて」と叫んでいたと目撃者が証言しています。

男性が病院へ搬送される時に「目が見えない」と話していたとされ失明の可能性が心配されます

酸性の液体の中でも劇薬とされる硫酸をかけられたのですから、ちょっとした火傷では済まされないはずです、被害を受けた男性がなんの後遺症もなく無事回復することを祈ります。

ちなみに硫酸を浴びた場合の対処法としては流水で15分以上、付着した部分を洗い流すのが良いそうです、少量の水ですと硫酸と反応、発熱し被害が大きくなると言われています。

 

事件現場の詳細な場所

硫酸散布があったのは東京都港区高輪の東京メトロ白金高輪駅出入り口のエスカレーター付近で起こりました。

犯人は一体何の目的で無差別に硫酸を散布したのでしょうか?

昨今、防犯の為あちこちにカメラが設置されております、犯人の男の姿も警察が公開していますので逮捕されるのも時間の問題かと思われます。

一刻も早い事件の解決・真相解明を望みます。

 

スポンサーリンク



 

現在公開されている犯人の情報

参照:時事通信社

名前:不明

年齢:30〜50代

住所:不明

身長:小太りで175cmくらい

服装:黒の半袖・黒のズボンで白いマスク姿。野球帽をかぶり右手には手袋

罪状:傷害罪(15年以下の懲役又は50万円以下の罰金)

 

警察が防犯カメラ映像を公開し情報提供を呼びかけています。

犯人は一体どこで硫酸を入手したのでしょうか?現代ではネットが普及しどんなものでも手に入りやすくはなりました。

もしかすると犯人は普段から化学薬品に馴染みのある人物の犯行なのかもしれないですね。

今後、新情報が公開された際には追記させて頂きますので今しばらくお待ち下さい。

 

硫酸事件を受けてTwitterの反応は?

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

まとめ

①東京メトロ白金高輪駅出入り口のエスカレーター付近で男が通り過ぎざまに硫酸を散布。22歳の男性会社員と34歳の女性会社員が火傷等を負う被害を受けた。

②警視庁捜査一課は防犯カメラ映像を公開し情報提供を呼びかけている。

③犯人の男は現在も逃走中

④被害を受けた男性と女性は病院へ搬送され男性は重症で「目が見えない」と訴えていたという。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました