歩きスマホ人身事故で死亡した31歳女性の名前・顔画像は?人身事故が起こった詳細な場所を特定

事件・事故

今月8日に東武東上線「東武練馬駅」付近の踏切にて、女性が電車にはねられ死亡するという事故が起こりました。

事故当時、女性は歩きスマホをしており警察は踏切外にいると思い込み電車にはねなられたとみて詳しい捜査を行っています。

 

スポンサーリンク



ながらスマホ女性死亡人身事故

8日午後7時半ごろ東武東上線「東武練馬駅」付近の踏切内で人がはねられ死亡するという事故が起こりました。

この事故で事故現場付近に住む31歳の女性が死亡しました。女性は事故当時、踏切の中に立ち尽くした状態だったといいます。

警察の捜査で女性がながらスマホをしていたことが分かり、事故直前まで女性がスマホを操作し自身が踏切の外にいると思い込んで電車にはねられたと考えられています。

午後7時半の東武練馬駅は人通りが多いが、踏切待ちをしている人の大半はスマホをみており、事故発生時も女性が踏切内にいたとき誰も注意する人はいなかったといいます。

 

 

実際に事故が起きた現場は?

事故が起きたのは、東武東上線「東武練馬駅」 脇の踏切ということが判明しました。

 

現場の画像を確認すると、踏切の遮断機から線路までほとんど距離がなく接触は免れない状態だったということが分かります。

周囲にいた人が異変に気が付き声を掛けていれば、もしくは一瞬でも女性が顔を上げていれば防げたかもしれませんね。

 

スポンサーリンク



亡くなった31歳女性の顔画像は?

人身事故で死亡した女性の顔画像を調べてみましたが、いまのところ年齢しか判明しておらず名前や顔画像等は見つかりませんでした。

今後の捜査の進捗状況で女性の詳細な情報が公開されると思われますので、また改めて追記してゆこうと思います。

ながらスマホ女性死亡に世間の反応は?

これはもう病気ですね。自分が踏切を渡り終えたかどうかすら分からないとは驚きです。

 

車もバイクも自転車も、もちろん歩行者も取締りを強化して欲しいです。

相手が避けてくれると思っている人は、かなりの人に迷惑を掛けています。

 

イヤホンもしていたのでしょうか。
徒歩もそうですが自転車に乗りながらイヤホンをしている人を見る度にとても危険だと感じます。

 

歩きスマホしててもぶつからないよ、って言う人がいるけど、それは周りの人が避けてくれているからです。
そろそろ法律で禁止すべきですね。

 

 

運転手や乗客が気の毒。
歩きスマホは罰則を設けるべきだと思う。

 

スポンサーリンク



 

まとめ

今回はながらスマホ女性が電車にはねられた事故についてまとめてみました。

ながらスマホは今や社会現象になり問題となっていますが、今回の事故を反面教師に今一度自身のスマホの利用方法に焦点を当てる必要がありそうですね。

亡くなられた女性にはご冥福をお祈りするとともに、みんなでスマホの正しいマナーを身に着けていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました