【溺死】板橋区にて水難事故。小2男児死亡、通っていた小学校はどこ?

7日、午後4時半頃に「小学生が流されている」と110番通報があった。

警視庁によると区内の小学2年生の男児が、1時間後に心肺停止の状態で発見されたがその後死亡が確認された。

男児の救助を試みた40代男性の行方がわかっておらず、現在も捜索が続けられている。

スポンサーリンク



板橋区水難事故の概要【動画&記事】

 

 

7日午後4時半ごろ、東京都板橋区蓮根3丁目の新河岸(しんがし)川で、「小学生の男の子が流されている」と110番通報があった。警視庁によると、区内の小学2年の男児(7)が溺れ、約1時間半後に救助されたが、その後死亡が確認された。

男児を助けようとして川に入った成人とみられる男性も行方不明になり、警視庁や東京消防庁が捜している。男性の身元は分かっていないが、男児の保護者ではないという。

警視庁志村署などによると、男児は川の右岸の公園で友人2人と遊んでいた。

友人のサンダルが川に落ちて流されたため、ほかの友人2人と合流して棒などを使って回収しようとしたところ、男児が足を滑らせて川に転落したという。近くにいた男性2人が川に入り、うち1人が流された。

現場は、都営地下鉄三田線西台駅の北約450メートル。

参照:朝日新聞

 

事故があった現場

 

事故があった現場は、都営地下鉄三田線西台駅から北へ450m行った地点で、周囲には介護施設やホームセンターなどがあり普段から人通りは多いと思われます。

子どもたちは事故現場付近にある板橋区立にばた児童遊園に遊びに来ていたとみられ、最近は気温が高くなりつつあるので水遊びをする為に川へ近づいたと考えられます。

救助を試みた男性は、おそらく近隣施設を訪れていたと見られ勇敢にも川へ飛び込んだのでしょう。

現在も男性の捜索が続けられていますが、残念ながら生存確率はとても低いと思われます。

新河岸川の堤防は垂直壁面となっており、官公署から一人で救助はしないよう近隣住民にアナウンスがされているようです。

新河岸川沿いに住んでいます。
消防署および区役所より言われています。
新河岸川にて溺れる人を見つけても救出はしてはいけないことになっています。
何故なら壁面が垂直で上がれるところが無いから。
500メートル~900メートルおきに出入りする作業口があり、
そこから入れて救出作業する必要があります。
無理な場合は1人救出するために14~20人の人材が必要です。
2人は検索、4人は誘導員、6人は引き上げるロープ作業、4人は予備員、
2人は連絡員
上記の人数は川の流れが緩い場合です。急な流れの場合はヘリコプターによる救出となる場合も。

参照:Yahoo!ニュース コメント欄抜粋

 

しかしまだ断定された訳ではありませんので、奇跡を信じ男性が救助されるのを祈るばかりです。

※追記※

救助に入った男性が現場から3キロ離れた荒川にて発見され死亡が確認されました

モーターボートの航行者が「人が浮いている」と110番通報があったようです。

亡くなられた男性に心からご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク



死亡した男児の名前・通う学校は?

 

死亡した男児及び捜索中の男性の氏名は個人情報保護の為か公開はされていませんでした。

次に死亡した男児が通っていた学校について調べてみました。

事件現場周辺の小学校を検索してみると、板橋区立舟渡小学校・板橋区立蓮根小学校・板橋区立蓮根第二小学校の3つがヒットしました。

この3つの小学校は事故現場から1km以内の範囲ですので、自転車などを使用すれば小学生でも移動可能です。

 

世間の反応

 

「男児を助けようとして川に入った成人とみられる男性も行方不明」 どこかで浮いて生きていることを願っています。 亡くなられたお子さんのご冥福をお祈りします。それしか言えないコメントはたいへん辛いです。 昨年は、多くの学校でプール授業ができず、ほぼ8割以上の実施までたどり着いたういてまて教室ができずという結果になりました。 今年は多くの学校でプール授業を復活させる意気込みが聞こえてきます。ういてまて教室が普及する前は年間100人以上のお子さんが水の事故の犠牲になっていたのが今や20人から30人。

 

もし自分の旦那が知らない子供を助ける為に亡くなったら、立派な優しい人だったと思うしかないのかな..自分の子供でも無いのにそんな事なんでしたの?って思うかな..男の子も男性も可哀想,靴が流された事がきっかけだなんて。靴なんてまた買えたのに。

 

救助訓練の経験がない人が着衣で川に入るのは危険です。とっさの行動と判断は素晴らしいですが、流れを追って救助を誘導したり、落ち着かせる声かけ等も救助の一助になります。どうか、無事見つかりますように。

 

どんな言葉も虚しくなるくらい、切ない事故です。

命とは、本当に一瞬で消える事もあると、思わされてしまいます。

救助の為に行方不明になられている方が、一刻も早く助けられますように。

 

男の子のご冥福を、心より深く深くお祈り申し上げます助けたのに、心肺停止とは、残念です。
助けてくれた人も行方不明ですか。
痛ましい出来事に、胸一杯になりました。

暖かくなってきたから水辺にも近づくようになってきたね…成人男性の勇敢な行動に脱帽です。どうか、奇跡が起きて2人の命が助かって欲しい。

 

自分の靴でなく、お友達の靴だったんだね。
気持ちが優しくしっかりした男の子だったのだろうと思います。

本来靴をとろうとした行為は、誉めてあげるべきことで、こんなに悲しい結果を生むはめになろうとは……。

男の子を助けようとした男性の行方も分からずじまいだし、なんともやりきれない思いです。

 

スポンサーリンク



まとめ

 

東京都板橋区で起こった水難事故についてまとめました。

徐々に気温が高くなり水遊びの機会が多くなってきましたが、気の緩み等や咄嗟の判断により毎年数十人の方が亡くなられておられます。

今一度、水辺に近づく際は細心の注意を払い事故の危険性を頭の隅において楽しむ事、少人数では救助に当たらない事を再認識させられる出来事だったと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました